スマイルの石垣島カレー  ってこんな風に作られてます  はかり編

量るって大事なんです。

青く光るのがイケメンな精密デジタルスケール
青く光るのがイケメンな精密デジタルスケール

さてさて、はかりについて

そもそも はかる って
計る、量る、測る…など漢字がたくさん((+_+))
調べたこともなかったけど良い機会なので調べてみたわけです。

計る=数や時間を数える(「時間を計る」「損失を計る」など)
量る=重さ、かさ、量を調べる(「体重を量る」「容積を量る」など)
測る=長さ、高さ、深さ、広さを調べる(「距離を測る」「身長を測る」など)

いや〜 勉強になりますねφ(..)

前置きが長くなりましたが…
量りに必要なスマイルの計測機器のうち
一番大事なヤツ
<精密デジタルスケール>
ヤスコの素朴な疑問、精密なデジタルスケール機なのか?精密に量るデジタルスケールなのか??
まぁどっちにしても精密だってことです(^^;)

このスケールのなにがすごいって0.01gを量れるんです(・□・;)!
0.01ってほんとにすこーし。
吹いたら飛ぶし、なんならその量をすくうことさえ大変って感じの量です。

調合したスパイスや塩を量る際に出番がくるこのスケールのヤスコお気に入りポイントは
数字表示部分が青ーく光るんです!
なんか勢いがある感じ!
ものすごく早く量ってる感じ!
これがたとえば 赤だとなんとなくエラー表示的な笑

実はヤスコは思っていた。
1.25gとか微妙な加減って0.01単位でこだわってますシェフアピールじゃない?って

が…3種類の加減を変えたカレーの味をみて思った…こんなに違うの??
疑ってごめんよシェフ(._.)
大事です計量(;^ω^)







糖度 

糖度計 80%まで測れるよ
糖度計 80%まで測れるよ

糖度計はスマイルで頻繁に使う計測器のひとつです。
アイスやドリンク、デザートの糖度を測ります←度数だからこの測るで合ってるかな??

カレーではカレーソースに使うチャツネの糖度とカレーの完成時に測りますよ。

黒糖の糖度はほとんど変わりませんが、石垣島のパインは都度糖度が違います。
農作物だから当たり前なんだけれど、その違いがまた愛おしいんですよね。
今年のハワイ種はとーっても美味しかった!
糖度と酸味のバランスが最高でした!
スマイルは海南にあるパイン農家の当銘さんから仕入れています。
無農薬でパインと向き合い先を見ている農家さんに出会えてとっても幸せです(*'▽')

仕上げ

塩分塩分計
塩分塩分計

カレーの仕上げは塩分調整です。
10%まで計測できます。

<説明書には実測データとして>
*味噌汁0.9% *カップラーメン1.4%などなど
固形も測れるんですよ〜すごーい
*ゴーダチーズ0.9% *ソーセージ0.8%
一般的に市販のカレーは1.6%前後で表示されています。
ちなみにスマイルのカレーは1.1%です。

美味しい決め手になるひとつが塩分とヤスコは個人的に感じています。
ぼんやりしたのを引き締めるのもだし、ミネラル分がうまく旨味に変化しているように感じます。
使うお塩は石垣島のカレーですから、もちろん<石垣の塩>。
とっても美味しいお塩です、石垣の塩さん(^^ いつもありがとうございます!

計測、調整を繰り返してカレーの完成(^^♪
実は完成時が一番神経を使います(^^;)
毎回ワクワクとドキドキ!
「ちょっとしょっぱいからお水いれよっか」
なんてことは絶対にあってはならないからです(>_<)

そして各数値を測ることも大事ですが、飲み物との相性やごはんとの相性やご飯とルーの量バランスなど食して感じることもとっても大事です。

温度湿度によっても味の感じ方は変わっていくので季節によって若干の調整をしています。
完成日ごとの完成レシピ表に各数値と実食して感じたことを書き込みます。

6年前から作り始めて何枚のレシピ表があるのでしょうかね、管理はシェフがしてるので
正確にはわかりませんが…
<ものづくり>というものは、とっても奥が深く愛情をもって探求することで
形となっていくのですね。

ある作家さんが教えてくれたコト
「料理人さんはね、フードアーティストっていうアーティストなんだよ」
食材が料理人の手によって、お皿の上に作品がうまれる。
確かにアーティストですね(^^)
全国の料理人さん、いつもありがとう!





上へ